トップイメージ

中古車の見積額を少しでも上乗せするには、、車を手放す時期、タイミングというのも影響してきます。

所有するマイカーをちょっとでも高く処分することを考えれば、数点の注意する点がある訳です。

中古車の査定のポイントとして重視されるところに走行距離が挙げられます。

少なからず走行距離はその車の耐用年数と考えられることも多くありますのでその車の走行距離が長ければ長いほど見積もりにとってはマイナス要因になります。

走行距離が1000キロと3万キロでは一般的に、自動車の買取金額は評価が異なるはずです。

通常は走行距離そのものは少ない方が買取額は上がりますが、実際は細かいベースラインはないので、定められた目安で査定が行われます。

例えば、普通車では一年で1万キロを基準として10000km以上走っていると一般的に査定がマイナスになるのです。

軽自動車の場合年間8千kmがまた年式が古いのに走行距離が小さいという場合でも、買取額が高くなるというものでもありません。

一般的には年式・走行距離での査定の留意点は、年式と比べて適した走行距離になっているかという点です。

車もそうですね。

さらにその車の年式も、中古車見積査定の重要な要点です。

しっかり把握してるといった方がたくさんいるだと思っていますが、一般的には年式については新しければ新しいほど査定には有利なのですがごく稀にそれに希少価値があるブランドは昔の年式であっても高く査定額が出される場合もあります。

二つ目に車検です。

もちろん、車検というのはお金が掛かっている分車検に出すまでの残月数が長いほど売却額は大きくなると感じるのが普通かもしれませんがそのようなことはなく実際には車検直前でも直後でも中古車の査定額にはあまり相関性がありません。

軽1BOX、痛車バッテリー切れの車、といったような中古車の状態も見積額に相関性してきます。

車検時期が近付いてきた車は売却を検討するにはいいタイミングです。

つまり売却額を吊り上げるために車検の後に査定見積もりを依頼しようというのはお金の無駄、あまり意味を持たないということです。

その他に業者にマイカーの査定を依頼し、引き取ってもらう時期としては2月と8月が狙い目と言われている時期です。

なぜなら、買取業者の期末が3月と9月のところが多くあるからです。

なので1月に売ろうと考えたとしたら少し待って2月に中古車の見積もりを専門業者にしてもらって手放すのも良いと思います。

所有者事情もありますから、ひとまとめにしてこうしたタイミングで売りに出すというわけにもいかないでしょうけれども可能ならばこういった時期に売りに出すのがよいかもしれません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.okcareerschools.com All Rights Reserved.