トップイメージ
自賠責保険という保険は正式には自動車損害賠償責任保険と言い略して自賠責保険と言うものです。この自賠責保険は通称、強制保険と呼ばれ車を決められた期間ごとの車検に通す際は、決められた車検の期間に効力のある自賠責保険に入っていなければなりません。わかりやすく言えばすべてのクルマは加入が必要だという保険なのです。では自動車が自賠責保険に入ったまま売った際にはどうなるか考えてみたいと思います。自賠責保険というのは車検時に更新になるというケースが比較的あったりしますが仮に自賠責保険が付いたままの車を売却した時はその金額が戻ってくるという事例はあまりないでしょう。なぜならば、自賠責保険の効力を一旦外して、新たな買取相手に移行するということは結構手間がかかるのです。そのため、強制保険の場合は名義変更をした後に車と一緒に譲るということが普通です。ただ、それと同等の額を買取金額に乗っけてくれます。自動車損害賠償責任保険の場合は自動車税と違い、既に支払った金額を1ヶ月単位で割った額が返ってくる方法ではなく見積額に足す方法を利用するケースが通常ですが、これが査定票に載るようなことはほぼありません。そのため、売却の場合は自賠責保険の金額が見積額に含まれているかを確認してください。自分が納めた額がどれだけかだけでもわかっていれば、大丈夫と考えます。その自賠責保険にかかる料金については、契約期間により異なるため、注意しましょう。自動車の廃車の際には自賠責の名義変更をしましょう。名義変更を忘れていたら、保険会社より自分に自賠責の満了便りが届くことになります。あなたのマイカーがほんの少しでも高額で査定されることを応援したいと思います。

リンク

Copyright © 1998 www.okcareerschools.com All Rights Reserved.